<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

近江鶏のソテー、コリアンダー風味

b0115006_0585453.jpg

香ばしく焼き上げた、近江鶏に
コリアンダーシードと赤ワインと香味野菜で作った
フォンドヴォーベースのソースでお召し上がり頂きます。

コリアンダーシードは
カレーには欠かせないスパイスのひとつです。
[PR]
by la-fee | 2013-06-21 01:00 | 料理

青梅のシャーベット

b0115006_23225383.jpg

今デザートで使っている、青梅のシャーベットです。
シャーベットマシンで回すと白いけど青梅です。
[PR]
by la-fee | 2013-06-08 23:23 | 料理

ピティビエ(Pithiviers)

b0115006_0505729.jpg

この本をみてたらおうしそうだったので
ピティビエ(Pithiviers)作ってみました・・・
イマイチな出来上がりです。
なかなか本のようには仕上がりませんね(^^;)

この本の中のパティシエ(高木氏)の方の
エピソードで興味深い内容のものがありました・・・

************************************************
以下「シェフのフランス地方菓子」(PARCO出版)より引用

(何度かフランスには行っているのですが、
一度フランスに長く滞在したときに
MOF(最高級フランス菓子職人賞)のコンクールがあったんです。

そして、イッサンジョーという南仏にある村の国立製菓学校が、
最終決戦の場所だった。そこでの題材が「ピティビエ」。

なぜ?トップレベルの菓子職人に与える近代的なMOFコンクールに、
レシピ自体とても簡単な田舎の伝統的菓子「ピティビエ」が
出題されるのか考えました。

その古典的で基礎的なところがお菓子職人にとって重要で、
シンプルなお菓子が美味しく作れることをフランス人は大切にするのだと。
新しいアイデアと創作意欲をかきたてるだけではなく、
昔のものを忘れちゃいけない。
古典的で長く愛されつづけているお菓子の、
伝統に裏付けされた美味しさ、形の美しさ、
そして、簡単そうであって技術的に優れた職人でなければ作れない、
奥の深さに驚かされたからです。)
***********************************************

基本を大事にしていきたいですね。
[PR]
by la-fee | 2013-06-01 18:10 | 料理


一隅を照らす。


by la-fee

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

レストラン ラ・フェ
http://la-fee.jp/

ラ・フェfacebookページ

イオンモール草津から車で3分浜街道沿い

画像一覧